×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

top Profile 由来  経緯 歴史 発言集 コンセプト Subject 博物館 使用機材  CD/LP BBS weblog link 

GABALL Subject。。


コーナー説明!
ここではGBALLに関する話題などを管理人が
独自の切り口で皆様にお届けします。
☆topic1☆
11月16日(金)東京・お台場のZepp Tokyoで行なわれた
GABALLファーストライヴ「REPRESENT_01」の中での
KUTA MOONに混ざっている声ネタの謎。

この曲は
Trancesetters/Roaches -John Johnson Remixes-(Marc et Claude's) MECL 0115-6

John Johnson's Deep Dub Remix

Remixed by John Johnson。
Sander Kleinenbergが昨年のアタマくらいから
ヘビローしている超ファンキーでアッパーなトラック。

ちなみに、Roachesのオリジナルは98年のリリースで、
いわゆる現在のプログレブームの先駆け的存在の曲として
ヒットしたことを付け加えておきます。
Sasha & DigweedのMix CD"Communicate"にも収録されてますしね。
聴いたことのないヒトは聴いてみましょう。

この曲の中でキング牧師が言っている
フレーズは「アンダーグラウンドな音は決してなくなりはしない」
(ごきぶりのように生き延びる)と言っているみたいです。

ちなみに一年半くらいの前の作品で
管理人がGABALLと出会う前にDRAGONが結構掛けていたとのこと(MADRECKS)

                     取材協力:DJ MADRECKS&DJ DRAGON Thank you
☆topic2☆
11月15日 AIR TRANCEイベント中DRAGONが
GABALLファーストライヴから調度一年後。
その節目の15日から16日に渡る時間にGABALL Represent01-MADRECKS MIX-
をDRAGON自らかけフロアーを盛り上げた!

かなりニクイ演出でした(管理人)

それから数時間後DJ TETSUYAの手によって
LIVEでのKUTA MOONに混ざっている声ネタが偶然かかる。

これは偶然なのでしょうか?ちなみに只今BGMがその時の曲の
別バージョンをオンエアー中!

みなさんもCSフジでやったGABALL LIVEのビデオを見て
チェックして驚いてください。
(ドラドラドラゴン書き込み参照)
☆topic3☆
GABALLのアナログに関わっている人は誰?
Represent01-MADRECKS MIX-
このMADRECKS/あの人です。。

この方の今までの作品は。。HOUSENATION/MADRECKSその他にも沢山あるそうですが。。

CHANNEL B.P.M.-MITSUKI MIX-
このMITSUKIって人は
Cyber TRANCEで御なじみのDJです。
ちなみにGABALLの東京ライブで始めに回されていたDJです。
DRAGONさんとは師弟関係?
☆topic4☆GABALL音ネタの謎
Represent 01に不思議な音が入っている?

この話が出たのは、ドラドラ(DJ DRAGON)さんのオフィシャルBBSでドラドラの方達が言って ました。

内容はと言うと。。

Represent 01の6分すぎたぐらいに「もしもし」って声が聞こえるとのことです。

その他の書き込みされてる方も。。(この方は詳しく書かれてます)

6:12後半から6:13くらいですかね。
確かによく聴き直してみると、、、
L「もしもし」←電話?
R「くわぁ、くわぁ」←これアヒル??w
何かを交信してるんでしょうか_
この曲の最初の部分とかは、LOOP素材集から引用して回してるから、
その中の別の種類の例えばOneshotとかでしょうか。


[1197] 台風一家! DJ DRAGON 2002/07/16(火)14:41 ドラドラBB
 
なんかガボールネタ盛り上がってるね、panで振って
左のスピーカーから聞こえるね、、なんでしょうか
TKの電話のしゃべり声かな?(笑)

ここのところスタジオで曲作りに専念しています。
次回作はさらにパワーアップするので期待しててね、

とのことです。

いったいなんでしょうね?

正式な発表はされてません。

ドラゴンさんもこう言われてました。

管理人も検証してみたところやはり、もしもし。。キューンっているかの声が
しますね。さてこの声は一体?

みなさんも一度検証してみてはどうでしょ?
☆topic5☆GABALLのユニット名の語源を再検
今回はGABALLのユニット名の語源を再検証してみようと思う。

一般的にGABALLとは、88年にTM NETWORKのアルバム「CAROL」のコンセプトにもなった、 木根尚登が書いた小説
GABALL SCREENとして名前が登場!  この時、小説ではグループとしての名前だった。  詳しくは以下参照

普通はそれで終わってしまうのだが、今回私は、色々な音楽活動の中興味深いことを教えて もらった。

GABALLのユニット名とは、バリ舞踊の時によく使われる花捲き/ウエルカムダンスという花を 巻いてゲストを迎え入れるときに
よく使われる音楽のことを[GABOR]/ガボール、というのだそうだ。

またバリには、[GABOR]と言った、アクセサリーも存在するそうだ。

この当時小室哲哉の活動拠点は、バリ島。。trfの[BOY MEETS GIRL]の冒頭部分が
バリ舞踊のケチャだって言うのは有名な話である。。

tつまりGABALLってユニット名は実が言うとここからきたのではないかという仮説を立ててみ た。。(笑)

さてみなさんいかがでしょうか? こればっかりは小室哲哉やメンバー自身に聞いてみなきゃ わかりませんが。。
実際にPULSE OF IMPULSEやARIAなんかは、インドネシア舞踊/バリ舞踊の音とも重なる部 分もある。  
戻る
昨日 今日